Molecular Farming

본문 바로가기

Technology

Molecular Farming

Molecular Farming

(株)ネックスゼンは植物遺伝工学に必要な人工合成遺伝子、植物ゲノム研究を通じた発現用プロモ-タ-、物質生産用宿主植物及び植物への遺伝子導入技術において多様な源泉技術を保有、これを利用して植物を生物新素材の生産工場として活用する第2世代植物遺伝工学技術を基盤技術として確保、農水畜産業、環境、食品、化粧品及び医楽品などの分野に必要な新機能性素材を開発しています。

植物は多様な種類のタンパク質の生産ができ、また、大規模の栽培も可能な生産用の道具です。これは植物を利用して高付加価値の有用タンパク質を低廉な価格で大量生産ができるのを意味します。植物を利用すると動物細胞培養に比べ約1/30、微生物発酵に比べ1/3の低廉のコストで各種有用タンパク質の大量生産ができます。

医療用タンパク質の世界市場規模は約36兆ウォンです。この中でインシュリン単一品目の場合、約1兆3000億ウォンであるが、大量生産ができる場合、市場規模は増加すると予想されます。食品、洗剤、繊維などに使われる各種産業用酵素は韓国輸入額が年間約200億ウォンを上回っていて、農·畜·水産業に関連される各種医楽品及びワクチンなどの規模は年間約1000億ウォンほどと予想されています。

(株)ネックゼンは 植物を利用、高付加価値の医療用タンパク質を低廉に大量生産、一部は既存の医療用タンパク質市場を代替し、また、一部は新機能性化粧品の素材で開発することによって高級医療用タンパク質の大衆化に寄与したいです。一方、農·畜·水産業、食品及びその他の産業に所要される各種酵素及び飼料添加剤などをlaw materialの形で大量生産、各種産業に活用しようとしています。

Molecular Farmingとは?

植物を生産工場として活用、高付加価値の有用タンパク質を大量生産する技術。

Why plants?

植物はもう多様な種類のタンパク質を生産する大規模栽培が可能な生産用の道具で、これを利用、高付加価値の有用タンパク質を低廉に大量生産ができます。動物細胞培養に比べて約1/ 30、微生物発酵に比べ約1/3の費用でできます。

How is it done?

有用タンパク質生産遺伝子を必要とする植物体の必要な場所で必要な時期に発現できるように遺伝子を導入して発現を調節する一体の関連遺伝工学的な技術を適用します。

Promoters: Tissue Specific-, Inducible-, Constitutive- Genes of Interest,
Appropriate Expression Systems
Gene Delivery Systems for Plant Cell
Proper Target Plants and Organs/Tissues
Protein Extraction/Purification

Where to apply?

医療用タンパク質、産業用酵素、農畜水産業、機能性化粧品/食品

Molecular Farming 1 - 医楽品

Molecular Farmingの1次目標は高付加価値の医療用タンパク質(インシュリン、インタ-ペロン、成長ホルモン、各種医療用人体酵素など)を低廉に大量生産することで該当遺伝子を植物に導入、発現させ、これから有用物質を抽出することです。

この時、植物から必要なタンパク質の分離、精製に高度の費用が要求されるので、植物での発現システムを調節して分離、精製にかかる費用を最小化する技術で、主に高純度の品質を要求する医療用タンパク質がその対象です。

Molecular Farming 2 - 飼料 · 動物ワクチン

たとえ分離、精製が簡単になるように発現システムが遺伝子操作されても最終生産物が医療用ほどに高純度である必要がない場合には分離、精製段階なしに発現物を含有する植物体全体を最終目的に使えられます。

即ち、飼料添加剤の一つであるPhytaseの場合、本酵素を遺伝子操作された植物から分離、精製する必要なしに発現植物体全体を磨砕し、酵素の供給元として使えられるし、高純度を要求しない農畜水産業分野と産業用酵素剤などに活用できる方法です。

Molecular Farming 3 - Edible Vaccine

粘膜を通じて感染される疾病の抗原遺伝子を植物体へ導入、発現させ、これをヒトや家畜が食べる時、ワクチン効果を出すようにすることです。

Edible Plant Vaccineは植物体を直接摂取するか、1次加工して摂取できるので使用が 簡単で、特に、子供の疾病予防に有用に使えられます。また、大量生産ができ、 第3世界に対するワクチン補給が簡単にできます。Edible Plant Vaccineは年間30兆ウォンが超える世界ワクチン市場に新しい転機を引き起こされます。


NEXGEN Biotechnologies, Inc.(Head Office/Research Institute/Factory)
2F, Building B1, 135, Gasan digital 2-ro, Geumcheon-gu, Seoul, S/Korea l
Phone: +82 2 857 1671 l Fax: +82 2 857 1674 l E-mail: info@nexgenbiotech.com

(Gangnam Office) 3F, 146, Bongeunsa-ro, Gangnam-gu, Seoul, S/Korea l
Phone: +82 1599 0212 l Fax: +82 2 732 0212

Copyrightⓒ NEXGEN Biotechnologies, Inc. All right reserved.

Family Site
-->