GnRH

본문 바로가기

原料紹介

GnRH

GnRH

| 再組合 GnRHを使った豚の去勢ワクチン

書論

雄の豚の?視床下部から分泌されるGnRHの作用によって約10週と18週にAndrosterone分泌が活?になり、2次性?と共に豚の雄臭が?生する。これによって、豚肉等級が決められ、畜産農家の受益に影響を?える。?統的な雄臭除去方法である外科手術による去勢は情?的な問題、細菌感染などの問題がある。これに?する代案として再組合GnRHを抗原として投?、これに?する抗?生産を誘導する免疫?的な方法で雄臭の除去ができる。 (株)ネックスゼンは?存の immunocastrationに?する技術とは違って、?象動物に投?してから抗原として認識しやすいようにロタウイルスvp6やovalbuminをCarrier proteinとして使い、この後にpoint mutationで機能を改善したGnRHペプチドが4回繰り替えるように融合遺?子をデザインしてから大腸菌から?現させ、??動物を免疫することによって雄臭を除去した。この時、?現を確認する方法としてGnRH peptideに?する?クロン性抗?を使い、また、 Androsteroneの量を豚の背中脂肪から測定することと同時に豚の??量、組織?的な?化及び睾丸の重さの?化などを?察して去勢?果を?明した。

硏究結果

GnRHを含めるfusionカセットを大腸菌から?現させて、細胞1g?り約0.5 mgのfusion proteinである去勢ワクチンを確保した。?照群に比べfusion proteinである去勢ワクチンを投?した雄のねずみの生殖器官の?達が非常に衰退、ワクチン投?量の?加によって生殖器官の?達が急激に抑制された。特に前立腺と精?は 200㎍で完全に退化して外科手術による去勢と同一な?果が現れた (?1)。

[? 1] 初期boosting後、11週?過した時の濃度?間別睾丸と副睾丸のサイズ

結論

上記の結果で(株)ネックスゼンによって開?された再組合fusion GnRHである去勢ワクチンは?存の外科的な去勢に?する代替療法として使えられ、外科手術の時の衛生問題と??力節減を通じて畜産農家の受益向上に寄?する。また、外科的な去勢をする場合、?生する家畜のストレスによる?重減少の可能性を排除することによって雄臭除去のみではなく?果的な???果もあると思う。 このような去勢ワクチンの市場は韓?の場合、約60億ウォン/年、世界の場合、約580億ウォン/年と推算されるし、世界市場の大部分は中?を含めた東南アジア地域で全?市場の60%を占めている。

NEXGEN Biotechnologies, Inc.(Head Office/Research Institute/Factory)
2F, Building B1, 135, Gasan digital 2-ro, Geumcheon-gu, Seoul, S/Korea l
Phone: +82 2 857 1671 l Fax: +82 2 857 1674 l E-mail: info1@nexgenbiotech.com

(Gangnam Office) 3F, 146, Bongeunsa-ro, Gangnam-gu, Seoul, S/Korea l
Phone: +82 1599 0212 l Fax: +82 2 732 0212

Copyrightⓒ NEXGEN Biotechnologies, Inc. All right reserved.

Family Site